English→ YOSHIUMEHonten The Main BuildingYoshicho-tei


 

 人材募集

 

 Facebookページへ
 ▲新着情報

 ぐるなびでよし梅 人形町本店の詳細情報を見る

 
トップページ
本店のページへ
芳町亭のページへ
売店のページへ
店舗案内地図のページへ

ねぎま鍋
 ねぎま鍋はねぎなどの野菜と脂ののったまぐろの鍋です。
 昔はまぐろは庶民の食べ物で、しかも好まれていたのは赤身でした。
今と違ってトロは捨てられるような時代に、 安く手に入るトロをなんとかさっぱり食べられるようにと下町の人々が考えだしたのが「ねぎま鍋」だといわれています。かつて池波正太郎氏も対談集の中でご自身の「ねぎま鍋」の思い出を語っておられました。
 そんな下町庶民の家庭の味だった「ねぎま鍋」を、よし梅では素材重視の出汁で贅沢に召し上がっていただきます。ふつふつと出汁が沸き、野菜が煮えたところでサッとまぐろを一切れ……江戸の味をぜひ。

 

各店舗のご紹介
よし梅 本店 よし梅 芳町亭   よし梅 売店    
 
    売店    
 
おしらせ

 

3月22日から、時短要請に従い、よし梅本店、芳町亭ともに、21:00閉店(20:00ラストオーダー)となります。

よし梅本店 
ランチ:11時〜14時(1330分ラストオーダー)
ディナー:17時〜21時(20時ラストオーダー)

よし梅芳町亭 
ディナー :17時〜21時(20時ラストオーダー)前日までのご予約にて承ります

 
【江戸名物ねぎま鍋 お持ち帰り用セット】3月27日から平日のみ特別販売!


いつもご愛顧ありがとうございます。新型コロナウィルス感染拡大の影響で、ご自宅でのお食事が増えている時期なので、よし梅では、この界隈で始まった「ねぎま」をご自宅で楽しんでいただけるよう、ねぎま鍋セットを事前予約にて販売することにいたしました。保存料など使っておりませんし、配達もできないので、当日午後から夜に取りに来ていただき、店頭お渡し、当日中に召し上がってくださるようお願いします。ご予約は当日昼でも可能ですが、数に限りがございますのでお早目のお申し込みをお勧め申し上げます。

 
ねぎま鍋
 

ねぎま鍋セット  2人前9000円 作り方付き (賞味期限は当日)
 ・マグロ 12切 ・ねぎ 12切 ・白菜 12切 ・豆腐 4個 ・しいたけ 2個 
 ・えのき 4束 ・春菊 4本 ・出汁 2リットル

★お引渡し★
ご注文日の14:00〜19:00でご都合の良い時間をご指定いただき、よし梅本店に取りに来ていただきます。

★お申込み★
平日のみの販売受け渡しです。よし梅本店03-3668-4069にお電話(平日9:00〜20:00)でお申込みください。御注文は2人前単位です。

 
イベント情報
 
 

よし梅芳町亭「うるわしいも2」
      期間限定ギャラリー&カフェ

5月2日〜5日、登録有形文化財よし梅芳町亭は、期間限定のギャラリー&カフェ営業いたします。
ギャラリーは昨秋にもご出展くださいましたガラス作家の草野啓利さん、竹工芸家の初田徹さん、仕覆作家の竹山佳佑さんに加え、陶芸家のユアン・クレイグさんの作品もご覧いただけます。
カフェは抹茶を中心に、作品をお楽しみいただいた後に休憩していただけます。
ギャラリーもカフェもお好きな時間にご利用いただけますが、建物と作品の性質上、中学生以上のご利用に限ります。
なお期間中は、オープン前の時間に御予約制の企画もあります。いずれも少人数です。4名以上のグループはお受けできません。

 

期間限定ギャラリー&カフェ
「うるわしいもの2 竹 土 ガラス 布 花」

5月2日〜5日 12:00〜17:00(5日は16:30)
よし梅芳町亭 
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町1-5-2
03-5623-4422

硝子・草野啓利 
竹工芸・初田徹 
仕覆・竹山佳佑 
陶芸・ユアン・クレイグ 
花・高野千彩

 

期間中の催し(御予約制)
[呈茶席]4000円
5月3日、4日 両日とも11:00席入(10:30開場)
今回の出典作家の作品にて道具組し、薄茶一服差し上げます

[特別ランチ] 8000円
5月5日 11:00〜
先付、懐石弁当、デザート、抹茶

ご予約はFacebookの個別メッセージ、あるいは03-5623-4422にお電話ください。Facebookをご利用の方は、こちらからの返信を持ってご予約完了となります。

期間限定ギャラリー&カフェ「うるわしいもの2 竹 土 ガラス 布 花」

期間限定ギャラリー&カフェ「うるわしいもの2 竹 土 ガラス 布 花」

 
 

落語の原点 お座敷で噺を聴く会
日時:2021年5月29日(土)
会場:よし梅芳町亭
三遊亭金朝

第一部
11:00 開場 12:00 開演 13:00 食事
懐石弁当付き席  9000円
鑑賞のみ   3500円

第二部
16:00 開場 17:00 開演 18:10 食事
懐石コース付き 16000円 
鑑賞のみ    3500円

※鑑賞は椅子席で、すべて自由席になります
※各回ともご希望のお客様には建物の解説・ご案内をいたします。開演30分前までにお越しください
※中学生未満のお子様のご来店はご遠慮いただいております
※こまめな手指消毒、お食事以外の時間のマスク着用にご協力願います

ご鑑賞のお申し込みは、よし梅本店03-3668-4069(平日11:00〜20:00対応)、よし梅Facebookの個別メッセージにて受付をいたします。第二部のお食事は、名物のねぎま汁を含む、季節の懐石料理を予定しております(お飲物は別会計)。イベントにつき、個室でのご案内はいたしかねます。よし梅のFacebookにて本公演の最新情報をご覧いただけます

 

落語の原点 お座敷で噺を聴く会

落語の原点 お座敷で噺を聴く会

 
 
…………………………………………………………………………………………………………………
 
▼これまでのイベント
 
        義太夫節×新内節で聴く樋口一葉 十三夜
 
 
箏と舞雅織りなす秋の暮れ   中秋の名月芸者のお座敷鑑賞の夕べ   うるわしいもの展
ガラス 竹 布 花
 
 
 
怪談愛は流転し闇へと続く   伝統芸能ウィーク   講談×津軽三味線
粋でいなせな伊達男
 
 
芸者のお座敷体験   春の愁いに花添えて   乙女文楽 傾城阿波の鳴門順礼歌の段
 
 
芸者のお座敷体験   怪談 舞と講談 激情の泪が修羅を生む   箏と尺八 軌跡
 
 
混魂 津軽三味線   ゆく秋に映して唄う忍ぶ想ひを   怪談其の二
 
 
講談×落語 神田山緑 三遊亭楽大 二人会   守破離の息吹   上方の粋
 
 
怪談噺   「にごりえ」の世界   乙女文楽 義経千本桜
 
心鎮める癒やしの尺八   夏着物で艶姿 撮影とごちそうの一日   夏着物で艶姿 撮影とごちそうの一日
         
工藤錬山の尺八に親しむ会   義太夫三味線に親しむ会   白拍子の歌舞鑑賞会
         
         
 
Copyright 2006. YOSHIUME. All Rights Reserves.